2008年01月06日

さて幼児用のにできるでしょうか

200801062242.jpg
初売りにきてくださったお客様に
「こんなので 幼児用って ないのよねー」と。大々先輩でもあるので、
「ひとつやらせていただきます! 上出来!ってなわけにはいきませんがー、先輩のお孫さんのためなら やってみます、少しお時間と手間代はいただきますがー」


 安請け合いにならぬよう努めますので、皆様もご期待ください。
おかげで、そのむかし、我が子の靴を フェルト化したセーターなどを重ねて作った事など 当時を思い出させてもらいました。なんのために そんな事をしてたのかー 別にお針が得意だったわけでもないのにーー
危うく忘れてしまうところでした、忘れてはならないことを。

先輩! ありがとう。

では オイオイに
posted by キーコさん at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

帰宅後10分でオイシク食ベラレタよー

20071010ライチャンインド式カレーの普及 ありがとう!
おかげであり合わせのもので、短時間でも毎日おいしく食べられてまーす。
@鶴玉ねぎを朝市の残あぶらでよーくいためーあまみがでる
店で取り忘れたなすとテッチャンの枝豆を加えていためて皿にあげる。
Aまたフライパンに油少々して
カレー粉をまぶしておいたヤマギシのお肉少々をいためる
@とAをあわせて いためながら、塩 ターメリック(ライチャンにわけてもらったインドのスパイス)で味を整え 出来上がりー

お豆腐のすーぷ。ふっとうしたらー
西那須野のカツブシやさんのかつぶしをひとつまみいれ
とうふをきりいれ
ワカメをいれて
できあがりー
お肉がすくないので、お椀に生卵をわりいれ、そこに出来上がったばかりのアツーイすーぷをいれました。
posted by キーコさん at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

直していただきました。

F1000119.jpg
2007年11月22日 はるばると成田から
かも子さまが織りの先生と大工さんを案内して 小川の民俗資料館に来て下さった第二回目の日。
織りの先生は小倉三枝子さん、
大工さんは小倉こうへいさん。
そう お二人はご夫婦です。

コノお二人の二人三脚のおかげで、ずっと 一部が壊れたままで保存されていた有り難い
糸紡ぎ機が なおりました!
凧糸と自転車のスポークと算盤玉と麻糸と篠竹をつかってーー

「この前にうかがった時、 若い二人のお姉さんに約束したからー、ちょっとで使えるようにできるから
今度来るときは道具と材料をもってきてなおすからって約束したの
今日は会えなくて残念だけど、約束がはたせて ほっとしました」とお二人

ご主人はさかなとりが大好き、コノ家もいい、川があり古くからの草花が四季折々さくようにていれなれたふるさとの森を中心に小川が大好き。だから、みんなが糸紡ぎをせっせとやって たまる頃には 又来ます。
「こんどは この織り機を直したいね!だけど これは、江戸中期のもので金具をひとつも使ってない。日帰りでは無理だけどー」


〓直していただくための基金を つくっていきたいなはー 小川のヒトの気持ちも動かしてーーー。
出来たらすごいね
posted by キーコさん at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

さむくなりましたぶたキムチ?

早生の白菜をいただきました。
自家用野菜の差し入れは、
複合汚染からすくわれ、
新鮮でうれしい!だけでなく
あまりに豊富にならぶスーパーの売り場で麻痺してしまっている季節感を再生させてくれます。
更に、今夜のメニューによって食材を己が選ぶというふうに尊大になっている自分を反省させてくれます。いただけたものを 有り難く工夫しつづけた人の流れに入っていけます。
ありがとうございます。

白菜と豆腐のたーくさんはいった、鶏肉少々の鍋 おもいだすなー。
大きな大きな鍋で、ニクニクなんていって 箸を回している人はおこられてたなー。 かつぶしのだしのたれにつけてたべ、鳥だしのスープを 最後にタレにいれ すすったっけーあったまったなー
大きな鍋をかこんで 湯気と満腹でニッコリの顔かおカオ(^-^) が、
安心してた頃を楽しく思い出させてくれます。おいしかったなーって

サァ、白菜が手に入ったネ
はじめよう、おそれずにー
なべを用意
昆布を下にひいて、白菜の固いところをザクザクきりいれ
あとは韮やねぎありあわせの野菜、とりでも豚でも(味付けや香辛料がそれぞれ違うよう…経験とくふうだね、豚肉はしょうがが欠かせないみたいとか、)、
湯がいておいた糸コン、豆腐 ……あっしいたけも…いれて。
好きなたれで 出来上がりー

あったまる鍋 をみんなで かこんで いただきまーす。

材料によっていろんな鍋を作ってきましたが、何十年前に美味しくたべさせていただいた(作った人、時代、そこにいあわせた人た)水炊きが元のようです。
posted by キーコさん at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

会心の暖簾完成

200710181600.jpg
ほっとして 棉の畑に みまわりにいってきました。
これから霜が降りるまで 花と実と、弾けた綿(真っ白で花かとみえる)が たのしめる って ヒトにいってきましたがー。
現場は、やはり秋そのものでした。確かに花も実も弾けた綿もありましたが、あんなにみずみずしかった葉や花や実はもうなく、この節になりますと 主役はダントツ弾けた綿でした。

名月や はなかとみえて 棉畑 (芭蕉)

ワタツミのきせつなんです。
月明かりを頼りにワタツミ会 をやりませうヨ ネ 。仕事も一段落したこともあるけど、日中は行きたくともいけないとボヤイてるタクサンのヒト達にも楽しんで貰いたいから… 。
posted by キーコさん at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

寒くなりましたね簡単シチュウ作ろう

市販のルーにたよらず、初めてでも以下のやり方でやれば、だまのないなめらかなシチュウができあがるよ!
ジャガイモ人参たまねぎを適当にきり
サラダ油かバターで炒めて(たまねぎー人参ージャガイモの順)、塩をくわえて煮ておく。
次にたまねぎのみじん切りをバターで柔らかくなるまでいため、ベーコンの細切りを加えてさらに炒めてる。小麦粉(薄力粉)おおさじ三杯位とバター親指一本位をくわえてこげないようにいためる。これに牛乳をジャーっといれ、だまができないようにゆっくりかきまぜる。これがルーのできあがり。いためてにておいた野菜とあわせて、ピーマンやブロッコリーパセリのみじん切りなどの緑をくわえれば、色どりも楽しいシチュウの完成です。あっと味付けは塩コショウです。
posted by キーコさん at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ワタバタケの今

200709131736.jpg
台風そして長雨で大きく成長した棉が 倒れて たーいへん

〇ちゃんが三百本の篠だけを用意してくれました。
農家の猫のても借りたいこの折り(長雨で倒れた稲などの作物の手当ては死活問題だもの)に
やぶかにくわれながら切り取り
鉈で小枝をとり
刺しやすいように一方は尖らせ
写真のように たばねて 畑のわきにおいていってくれました。ありがたーい。
いっしょに立てるの やってくれる人 このゆび とーまれ!

時間の都合をつけて 立てた支柱に 我も我もと トンボが とまってくれます。
さあ、最後の一休みの素敵な場を作ってあげませう、あなたもいかがー
posted by キーコさん at 07:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然の入り口?

F1000068.jpg
フェンネル、解る?

アゲハの幼虫が大好き、私も草むしりしながら若い葉をむしゃむしゃー。
しばらくほったらかしにしてたら、やぶからし、ーなどに全身絡まれてしまってました。
救出したところです。
写真に黒い粒々がみえますけどー
実です。これがまた おいしい、やっぱり草むしりしながらこの種をぱくついてきました。
今年は落ちちゃう前に気がついたので、
これから新聞紙を広げて、乾燥保存、そうして、クッキーでもケーキ屋の友に作ってもらおうかな?っておもってます。
わが庭、「一坪の中に数え切れない命があるね」って、山岸の人が喜んでくれた庭。
名付けて、雑草園 !?
ただ 手が回らず…が、その95%の成り立ち理由。 闘志の「鯉がいるから除草剤はだめ」
私の「同じ命、退治するにしても、無差別殺人みたいに見もしないで殺虫・除草…はいやだー。流れついた者同士、ヨクシッテから相手をどうするかはきめたいものね。なるべく 互いのあるがままをうけいれて…」
そうして、石と木との間にひとの為の作物も植えました。∵蝶が自分好みの草木をさがしながらあちこちまうように、私が庭に足しげく足をはこび、強いものばかりになってしまわないように…と。


この中で、闘志は育ちました。
posted by キーコさん at 06:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

インドの… B

F1000067.jpg
しつけをして寸法通りにぬう。
 ミシンもよいけでけど、置く場所によって、ゆるされれば手縫いがヤハリいい。
ふっくらできるし、何より心静まる。使い手の事を思い、あーしたらいいかなーと改良が次々と浮かんできて、愉しい。
 大きな机の上に置き、机の縁を利用して形を整え、(ち)をつけていく……
posted by キーコさん at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドの…A

F1000063.jpg
抜かれた糸にそって ハサミをいれる。 ほつれにくくするためにノリづけし、アイロンをかける。暖簾の上辺には 接着芯、テープ状のをはると ベストだがー。
posted by キーコさん at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドのザックリしたストールが暖簾に@

F1000064.jpg
一本の織り糸を抜く
posted by キーコさん at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

大人用ドレスが子供用に!

F1000039.jpg
posted by キーコさん at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人用ドレスが子供用に!

F1000038.jpg
posted by キーコさん at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

初めてパソコンからかきこみます

台風一過の秋晴れには なってくれませんでしたネ
何故 ここに書き込みが出来るのか ひとつも理解出来ずにキイ拾ってる自分の頭の中は 今日の空とおんなじ あ〜あ 道はとお〜いことよな

ここに 又 たどり着く 時 は 果たしていつになる事やら
posted by キーコさん at 20:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これな〜んだ?

F1000035.jpg
炎のドレス お陰様で良くうれてます。
写真は、
結婚式に招かれた母子がきてくださった時、お母さん用のはすぐに決ったのですが、
小三の娘さんのがどうにもならず…
みんなで相談して、大手術をはじめる事になり、
大人サイズのドレスを改造するためにハサミをいれた処の図です。

これまでも、炎は、
ドレスという品物を、売るだけでなく
少し紐を短くするとか 背中にダーツをいれるとか…
それぞれの方の良さを 引き立てるために努力してまいりました。
子供用にするのは その延長、
大手術とて恐れる事はありません。
大丈夫 うまくいきます、お任せくださぃ!

 伸びる素材のおかげで、フリーサイズが殆どの人をカバーできるようになりましたが、そこからはみ出てしまう今回のような場合でも、
炎は買いやすいお値段のドレスで
お客様と相談しながら より美しく 可愛く などなど…を 目指して、手間をかけて ぴったりの物を提供していきたいーとおもっております。手間賃をプラスしても、オーダーゃレンタルより楽しいよー

これは、エプロンなどフリーサイズがほとんどの衣料全般にわたりますね。
人は、サイズは勿論 その物をどう使うかも いろいろなんです。
ーーーー
グチャグチャかいてますが、とにかく、大人のドレスが こんなになりました〜〜 楽しいね(後ではりだします。)。出来上がりを写真に収める前に お客様がもっていかれたので…スケッチしてみますので。

おしまい
posted by キーコさん at 19:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

これがハマキムシ?

200709050549.jpg
そうそう と〇ちゃん
みずたまでオシャレね…
これがたまごなすから ツブサネバ
あ〜ぁ いねくなっとる…
posted by キーコさん at 13:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の人はいいました

親のことばとなすびのはなは、せんにひとつも間違いなし あーこりゃこりゃ さっさ
posted by キーコさん at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

ライカ軒の試食会の始まり×2〜

200708302147.jpg
おなすを沢山いたがきました。
ライカ軒(準)の出前に使っていただきました。
この写真は、カレーと食べる人をまってる処の図です。
こうろぎがないていて 静かです。

カボチャの煮物、ナスとキューリの漬け物、お茶(レモンバーム・レモングラスのミックスティー)、オレンジとグレープフルーツ入りのプリン(ケちゃん作)、コップとカレー用の鉢とプリン用の皿、お箸お玉スプーンなどなどが机の上にならんでーー
「みーんなに食べて貰える、使って貰える」
と机までもがうれしそう。


昨夜は5人でした。
座して、ライチャンが盛り付けてくれたカレーを前に みんなでいただきまーす。レシピも聞きながら ゆっくりかみながら、お話ししたがら…で、おいしさが何倍にもなったみたい!
ならぱん(おっと失礼!本当の名はーなまけもののパンや)さんの平焼き(オレンジピール・ブドウ…いりのぱん)がピリッとからみのある今回のカレーに あってました。

 季節がらたーくさんいただいたお茄子で いつもとはまた別のお味を楽しもうと云うかたは ライカ軒の出前をたのんでみては如何でしよう。詳しいレシピをきいて自分で試すのもいいですね!
いずれにしても連絡先をお尋ねいただければ、当人から連絡をする事になると思います。
天然酵母のおーいしいぱんをつくってくれてる「なまけものパンや」さんについても 同様です。 ただし、一緒に食べるという事は含まれていません、あしからずーー
ライカ軒となまけもののパンやの紹介 になりましたー。
だっておいしいんだもん、恵みをいかそうとする人たちなんだもん
posted by キーコさん at 07:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

割れたトマト

ライカ軒のカレーが朝市の為に用意されてます。 皆さん明日の朝市にはお誘いあわせで おでかけを!
今回は、伊藤農園さんがていきょうしてくれました。玉ねぎ五百円、トマトはただ。 そのトマトについて
われているから、だめなのはよけてねーーとミッチャン。
もう 市場には出せないーでも 捨てるには忍びないーー生かして!
そんな彼女の気持ちがつたわってきました。

良さそうなところを カレー用にしました、ご安心を

あとの 割れから少しいたみ始めてるのは、バケツにいれて、みずにさらし、いいとこを切りとって、自分たちようのピューレに…と思ってたら
「きーこさん、このトマトはすてるんでしょ」の声 ギクッとして
「うんー〜、…」
と嘘をちきました。
 トマトのはいったバケツをもちかえり、
これから 捨てるわけですが
もう一度使えるぶぶんをシッカり 確認して 切りとり、少しでも いかすよ!
安心してミッチャン、たくさん提供してくれて、ありがとう
posted by キーコさん at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

秋が忍び寄ってきましたね

F1000018.jpg
この朝顔に似た花、ブルー〇〇(おぼえられないんですーごめんなさい)のブルーが、この軽やかな青い花が急に重い青に変わりました。
11月になっても咲き続ける花だそうですがー
やはり花も季節を感じ 変化しているんですね
人も 店もかー。季節にそって変化させていきたい、一角だけでもーーと、又またはなしがすべります。
ご勘弁ご勘弁。
posted by キーコさん at 21:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。